香港ヤマト/保冷倉庫を拡張、オイシックス香港の一貫保冷輸送開始

2019年05月30日 

ヤマトホールディングスは5月30日、子会社の雅瑪多運輸(香港)(香港ヤマト)が香港・九龍湾基地の保冷倉庫を拡張し、オイシックス・ラ・大地傘下の「Oisix Hong Kong」が香港で運営する生鮮品配送サービス「Oisix香港」の一貫保冷輸送を5月1日から開始したと発表した。

<サービス概要図>

九龍湾基地は、物流拠点としてアクセスの良い香港九龍湾に立地するロジスティクス機能と宅急便機能(仕分、配送)を備えた複合施設で、冷凍、冷蔵、定温の3温度帯での保冷機能を完備している。

今回、賃借している区画を従来の330m2から1250m2に拡張し、日本から香港までの保冷輸送の際、従来、地域の事業者が行っていた香港空港~倉庫間、倉庫~配送センター間の輸送と庫内業務を香港ヤマトが行うことで、日本の生産者から香港の消費者までをヤマトグループのネットワークでつなぎ、高品質な国際一貫保冷輸送を実現した。

この一貫保冷輸送サービスでは、荷主の事業成長に合わせた柔軟な保冷物流を提供できるほか、庫内の温度管理を1か所で集中管理することによる温度逸脱リスクの軽減や、システム化によるリアルタイムでの在庫管理、香港での小口保冷納品配送サービスなどが温度管理された環境下での物流サービスの提供が可能。

今後、香港ヤマトではこのサービスを同様の課題を抱える企業に利用してもらうことで、消費者や飲食店が日本の高品質な生鮮品などを日本国内と変わらない、新鮮な状態で受け取ることができるコールドチェーンの構築を目指していく。

■雅瑪多運輸(香港)九龍湾基地 (YAMATO LOGISTICS(HK)KOWLOON BAY BASE)の概要
住所:UNIT A ON FIRST FLOOR, Sunshine Kowloon Bay Cargo Centre ,NO,59, Tai Yip Street ,Kowloon Bay, Kowloon ,HONGKONG
延床面積:1250m2

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集