大和ハウス/200億円投じ、長野県千曲市に14.4万m2の物流産業団地開発

2019年05月30日 

大和ハウス工業は5月30日、長野県千曲市で物流産業団地「Dプロジェクト長野千曲」を開発すると発表した。

<Dプロジェクト長野千曲の開発イメージ>

Dプロジェクト長野千曲

開発面積は14万4000m2で、5区画に分けて開発する予定。5月30日に起工式を執り行っており、2020年5月に造成工事を完了させ、同6月から建物の建設に着手する予定だ。土地と建物への投資額は200億円を見込んでいる。

<周辺図>

Dプロジェクト長野千曲

<広域図>

Dプロジェクト長野千曲

長野県千曲市北部に位置し、長野市南部に隣接した立地で、上信越自動車道と長野自動車道を結ぶ「更埴ジャンクション」や「更埴IC」、国道403号と至近のため、長野県内に加えて首都圏や中部圏へのアクセスに優位性を持つほか、長野市中心部から10kmと職住近接の就労環境も整っている。

元々は農地だったが、大和ハウス工業が千曲市に産業団地開発を提案した結果、土地所有者を含む3者が連携。その後、千曲市が「農村地域への産業の導入の促進等に関する法律」に基づく実施計画を長野県の同意を得て策定し、農振農用地の除外を行い、農地転用が許可され、大和ハウス工業が所有権を取得して開発に至った。

今後は、大和ハウスグループが保有する経営資源(建築物の調査、設計、施工、建物の管理・運営に関するノウハウ)を組み合わせ、同団地への企業誘致活動を積極的に行っていく。

■Dプロジェクト長野千曲の概要
所在地:長野県千曲市雨宮2824番地他
事業規模:200億円を予定(土地と建物)
開発面積:14万4000m2
起工式:5月30日
造成完了:2020年5月(予定)
建物着工:2020年6月(予定)

最新ニュース