アスクル/福岡市と災害時協定締結、地域に貢献する物流センター目指す

2019年05月30日 

アスクルは5月30日、福岡市との間で、「災害時における物資供給に関する協定」を締結した。

<ASKUL Logi PARK 福岡>

ASKUL Logi PARK 福岡

<右が福岡市市民局下川局長、左がアスクルECR本部センターマネジメント川村統括部長>

右が福岡市市民局下川局長、左がアスクルECR本部センターマネジメント川村統括部長

この協定は、埼玉県日高市、大阪府吹田市に続きアスクルが締結する3番目の災害時協定となり、福岡市が災害に見舞われた際、アスクルが福岡市内で運営している物流センター「ASKUL Logi PARK 福岡」(アスクルロジパーク福岡、「ALP福岡」)の在庫品から、福岡市の要請に応じて生活必需品等の物資を供給するもの。

アスクルは、2017年の物流センター火災の後、LOHACO専用の物流拠点「ASKUL Value Center 日高(以下「AVC日高」)」を新設した。AVC日高の立ち上げにあたっては、 万全な防災体制を整えることに加え、地域における物流センターの在り方を再検討し、“地元の皆様に、安全・安心な物流センターとして信頼してもらい、地域に対して貢献していきたい”という想いを新たにし、日高市との災害時協定締結が実現した。

また、これに続き、2018年1月には同様に吹田市との間でも災害時協定を締結した。

アスクルの物流センターは、日用品や食糧などの生活必需品を潤沢に在庫し、また、 大量の商品を迅速かつ効率的に提供することができる物流機能も有している。災害発生時においては行政の要請に応じ、飲料水、トイレットペーパー等の日用品や避難所等向け事務用品等の支援物資をすみやかに提供し、地域の人々のライフラインの役割を果たしていくとしている。

■施設概要
名称:ASKUL Logi PARK 福岡
所在地:福岡市東区みなと香椎2-2-1
稼動開始:2015年12月
敷地面積:2万4905m2
賃借面積:5万4842m2
在庫商品種類:約3万2000種

最新ニュース