ドコモ、NEC/LTEエリアでの物流自動化ロボット遠隔制御実験に成功

2019年05月29日 

NTTドコモと日本電気(NEC)は5月29日、LTEエリアでの搬送ロボット(AGV)の遠隔制御実験に成功したと発表した。

<LTEエリアでの物流自動化ロボット遠隔制御の実証実験>

<実証実験のシステム構成>

LTE基地局の近くに設置したMEC機能を有するドコモのクラウドに、強い遅延変動耐性を持つNECの「適応遠隔制御技術」を搭載。AGV2台で荷物を載せた台車を挟み込んで運び、搬送の精度を検証した。

実験の結果、パブリッククラウド利用かつ適応遠隔制御技術なしの場合と比べて、目的地まで安定して搬送でき、搬送成功率が41%から100%まで向上することを確認。

LTE網でも細かい動きの制御など高精度なロボット制御が可能となるため、これまで工場や倉庫など建屋内での利用が多かったロボティクスサービスが、建屋間や工場全域、屋外を含めた広域で実現可能であることを実証した。

LTEは1つの基地局でカバーできる範囲がWi-Fiよりも広域なため、これまで必要だったWi-Fi設備と工事が不要で、ロボティクス導入期間を大幅に短縮することができる。また、今後の5G導入で実現される低遅延ネットワークと組み合わせることで、さらなる発展的なサービスが提供可能になる。

■実証実験の動画
https://bcove.video/2K0UKuG

最新ニュース