日立物流、日立/タイで輸送車両シェアリングサービスを提供開始

2019年05月29日 

日立物流と日立製作所は5月29日、タイにおいて輸送車両シェアリングサービスを開始すると発表した。

<輸送車両シェアリングサービスの概念図>

これは、日立製作所のASEAN地域統括会社のHitachi Asia (Thailand)と日立物流のタイの子会社日立物流(タイランド)社が、6月より、タイにおいて輸送車両シェアリングサービスを提供開始するもので、荷主からの輸送依頼に対応して複数の輸配送事業者の中から最適な車両を手配し、コスト低減や納期短縮を支援するもの。

両社は、2019年1月から3月にかけてユニ・チャームの輸出入コンテナ輸送業務にこのサービスを適用して効果検証を行い、コンテナのラウンドユースを従来の15%から30%まで向上できたことから、ユニ・チャーム、Siam-Hitachi Elevator Co., Ltd.、Hitachi Industrial Technology (Thailand), Ltd.をファーストユーザーとして、2019年4月から先行的にサービス提供を開始した。

今回、荷主企業と輸配送業者向けのオープンなサービスとして、6月よりこのサービスを提供開始するとともに、順次コンテナ輸送からトラック輸送にサービス範囲を拡大する。タイ国内の製造・流通各社やHitachi Consumer Products (Thailand), Ltd.、Hitachi Sales (Thailand),Ltd.、 Hitachi High Technologies (Thailand) Ltd. をはじめとする日立グループを含む荷主企業および幅広い輸配送業者に対してこのサービスを提供することで、2023年度までにトラック2万1000台での利用および年間売上80億円をめざす。

両社はこのサービスを通じて、物流におけるデジタルイノベーションを実現し、交通渋滞・事故や大気汚染の低減に貢献していくとしている。

最新ニュース