シャープ/ムトウに自動搬送装置(AGV) 17台と集中制御システム納入

2019年05月29日 

シャープは5月29日、医療機器の総合商社ムトウに自動搬送装置(AGV:Automated Guided Vehicle) 17台と、AGVの集中制御システム「AOS (AGV Operating System)」を納入したと発表した。

<ムトウに納入の自動搬送装置(AGV)>
ムトウに納入の自動搬送装置(AGV)

<ムトウ「東京SPDセンター」(埼玉県越谷市)での利用シーン>

ムトウ「東京SPDセンター」(埼玉県越谷市)での利用シーン

<6輪台車牽引時>

6輪台車牽引時

2019年4月にムトウが新設した物流倉庫「東京SPDセンター(埼玉県越谷市)」で、本年5月下旬より本格稼働が開始される。「AOS」が同社の倉庫管理システムと連携し、AGVを最適に制御。商品の入出庫時の搬送からピッキング作業のアシストまで、一連の搬送作業を担うことで、“コンベアレス”な物流倉庫の実現と業務効率化に貢献する。

このAGVは、磁気テープにより設定された軌道上を走行する。商品の入出庫時には、AGVに搭載のリーダーでバーコードを読み取ることにより、所定の保管棚や荷積み場所などの目的地を倉庫管理システムから取得して、無人で搬送する。

また、6輪台車を連結すれば、最大500kgまでの荷物を牽引可能。ピッキング時には、倉庫管理システムからの出庫指示をもとに、AGVが作業員を対象商品の保管棚前まで先導。モニターにピッキング対象の商品名や商品番号が表示されるので、作業員の習熟度を問わずピッキング作業を行えるほか、最大で4つの出庫先の商品を同時にピッキング可能だ。

■概要
納入商品:自動搬送装置(XFシリーズ) 17台/集中制御システム「AOS」
納入先:ムトウ「東京SPDセンター」(埼玉県越谷市)
稼働時期:5月下旬

最新ニュース