センコー/アフガニスタン向けの使用済みランドセル輸送に協力

2019年05月29日 

センコーは5月29日、プロロジスが取り組むボランティア活動「IMPACT DAY(インパクトデー)」で、日本で使用済みとなったランドセルをアフガニスタンのこども達に贈るプロジェクトに協力し、ランドセルの国内輸送を無償で行ったと発表した。

<ランドセル輸送の様子>

ランドセル輸送の様子

5月16日、日本全国の家庭から横浜市の倉庫に集められた約4000個の使用済みランドセルを、大型トラック3台で埼玉県川越市の物流センター(「MFLP プロロジスパーク川越」)へ輸送した。

その後、同物流センター内で、汚れや破損等がないか検品されたランドセルを5月18 日、再度、横浜市の倉庫へ輸送し、海外へ発送する準備が完了した。ランドセルは今年の秋頃にアフガニスタンのこども達に配布される予定。

センコーグループは、交通安全の知識を学んでもらう「こども交通安全教室」の国内各地での開催や、滋賀県の自社研修施設内で、遊びながら交通安全を学べる「こども交通公園」の運営などを行っている。今後も、将来を担う国内外のこども達の成長のために、社会貢献活動を積極的に推進していく、としている。

なお、IMPACT DAY(インパクトデー)とは、全世界のプロロジス従業員がオフィスを離れ、教育や福祉、環境などに関連する各種NPO団体と協力し、各国でボランティア活動に従事する日。

関連キーワード:

最新ニュース