三井住友海上/スマホの「ながら運転」防止アプリを開発

2019年05月27日 

三井住友海上火災保険は5月27日、企業の安全運転取組を支援するため、スマートフォン「ながら運転」防止アプリを開発し、夏頃より、フリート契約者向けにサービスの提供を開始すると発表した。

<サービスの利用イメージ>

サービスの利用イメージ

このサービスは、Beacon技術を搭載した専用の車載器端末とスマートフォンアプリの活用により、運転中の着信とスマートフォンのアプリ操作を制限し、「ながら運転」を防止する。

また、管理者は、専用WEBサイトを通じて、従業員ごとのアプリ起動状態や急加速・急減速等の運転状況を確認することができるため、企業の安全運転取組にも活用できる。

スマートフォンの「ながら運転」に起因する事故は社会的にも関心が高く、企業がこれらの事故防止に取り組むことは、新たな企業価値の創造につながるとしている。

サービスの仕組みは、車内に設置する専用車載器端末からBluetooth 信号を発信することにより、アプリが自動で起動し、運転する車が一定速度を超過した場合に、自動でスマートフォンの利用を防止する。

このサービスにより、自動車走行中のスマートフォンによる「通話」では、アプリが起動され、加速度センサーが反応すると、着信が不能となる(強制的にドライブモードとなり、着信履歴は残る)。

また、「アプリ操作」では、アプリが起動され、加速度センサーが反応すると、アプリ操作の際にホーム画面に強制遷移されるプログラムが立ち上がり、アプリ操作が不能となる。

なお、三井住友海上は、フジミック新潟社と連携してこのサービスを開発し、利用を希望される顧客へ無償でアプリを提供する。なお、このアプリと連動する専用車載器は、別途購入が必要となる。

最新ニュース