鴻池運輸/北インドで鶏卵輸送の実験を5月から開始

2019年05月27日 

鴻池運輸は5月27日、農林水産省が公示した「令和元年度フードバリューチェーン構築推進事業 インド事業化可能性調査支援事業」で、「北インドでの鶏卵の安全・安心・確実な輸送の実証」を提案し、採択されたと発表した。

この事業は、鴻池運輸が実施主体となり、北インドにおいて鶏卵の鮮度と形状を保ったまま遅滞なく輸送を可能にするための実証実験を、日本国内鶏卵業で最大手のイセ食品の協力の下、5月より約9か月間の予定で実施するもの。

第一次調査として北インドで最も気温の高い時期である5月末に、定温トラックによる輸送シミュレーションを実施し、第一次調査の結果を踏まえてモンスーン時期の9月ごろに第二次調査を行う計画。なお、イセ食品は北インドで日本品質の鶏卵生産を開始する計画があるが、実験段階では インド国内産の鶏卵を使用する予定。

鴻池運輸は、4月1日付でインド統括本部を設置、インドにおける事業を成長事業の一部と位置づけ、積極的に市場開拓も進めている。

なお、生活が大きく変化するインドにおいて、手軽なたんぱく質供給源として注目されつつある 鶏卵は、比較的小規模な鶏卵企業農家による地域内生産・消費がほとんどであり、日本のような大規模農場による大量供給と農場での洗浄・パック詰め・即時輸送という体制は取られていない。

また、インド特有の気候や、必ずしも良好とは言い難い路面状態など鶏卵の鮮度や品質維持が難しい状況下で、主たる消費地であるデリー首都圏など都市部の納品先大手スーパーマーケットなどに、安全、安心、確実に輸送するためには、多くの課題を抱えているのが実態。一方で、インド国民一人当たりの鶏卵消費量は、まだ日本の5分の1程度(日本330個/年、インド65個/年) に留まっており、供給量拡大の余地は大きいとしている。

最新ニュース