SGホールディングス/気候関連財務情報開示タスクフォースの提言に賛同

2019年05月24日 

SGホールディングスは5月24日、金融安定理事会(FSB)が設置した「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」の提言に賛同すると発表した。

<気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)>

気候関連財務情報開示タスクフォース

TCFDの提言への賛同とあわせて、企業の効果的な情報開示や開示情報を金融機関などの適切な投資判断につなげるための取り組みについて議論する場として5月27日に設立される「TCFDコンソーシアム」にも参画する。

SGグループは、4月に策定した2019年度からの3か年中期経営計画「Second Stage 2021」の重点施策として、「社会を支える物流企業としてSDGs(持続可能な開発目標)への貢献」を掲げ、環境に配慮した事業の推進に注力している。

今回の賛同表明を受けて、気候変動が今後の事業運営や将来の持続的成長に及ぼす影響を改めて認識するとともに、TCFDの提言に基づき、事業にもたらすリスクと機会の分析を深めることにより、経営戦略やガバナンス、リスクマネジメントなどの観点から、積極的な情報開示を推進していく方針。

TCFDは、主要国の中央銀行や金融規制当局などが参加する国際機関のFSBが設立したタスクフォース。4月までに金融機関や企業、政府など世界600以上の機関が提言に賛同している。

最新ニュース