スリーエス物流/17億円投じ、愛知県一宮市に1.1万m2の物流センター建設

2019年05月23日 

スリーエス物流は5月23日、愛知県一宮市に新物流センター「第三物流センター」を建設すると発表した。

<第三物流センター完成イメージ>

第三物流センター

17億円を投じ、敷地1万2000m2に2階建て倉庫面積1万1000m2の建屋を建設する。10月に着工し、2020年9月末に完成後、同10月から稼働させる予定。売上高は年間6億円を見込んでいる。

大手量販店を中心とした商品の保管・構内作業・店舗配送、家電・家具の配送、セッティングなどを手がける現行施設の狭隘化対策に加え、3PL事業の拡大やさらなる作業領域と業容の拡大を図る。

保管能力の向上と隣接する既設センターでの物量波動による保管・加工業務などの対応も想定。大量の在庫をもって需要に対応するディストリビューションセンター(DC)と、多品種の商品を荷受けして直ちに需要先に仕分けして発送するクロスドック(XD)の機能を併設することで、荷主の多様なニーズに対応する。

■第三物流センターの建設概要
建設地:愛知県一宮市丹陽町九日市場字上田88
敷地面積:1万2761.25m2
構造・階層:鉄骨造2階建(事務所は3階建)
倉庫面積:1万1597.50m2
用途:保管・物流加工・配送に至る一貫物流サービスを提供する物流センター
投資額:17億円
着工:10月
完成:2020年9月末
稼動日:2020年10月1日
予想売上高:6億円(年間)

最新ニュース