Hacobu/物流情報プラットフォームMOVOに新機能追加

2019年05月23日 

Hacobuは5月23日、IoTとクラウドを統合した物流情報プラットフォーム「MOVO(ムーボ)」上で提供しているバース管理ソリューションに、拠点管理者向けの新機能2件を追加したと発表した。

<マルチテナント対応入場画面>

MOVO

1つ目の「マルチテナント対応入場画面」は、受付タブレット利用時に訪問先拠点を選択できる機能。利用には事前設定が必要となる。

2つ目は、CSVでの予約作成時にバースを指定できる機能。従来は予約作成後にバース表からバースへの割当てが必要だったものを、バース管理マスタの予約一覧に「CSV取り込みボタン」を設置し、バースを指定した状態で予約をアップロードできるようにした。

最新ニュース