宇部興産/山口・宇部ケミカル工場に第五医薬品工場建設

2019年05月22日 

宇部興産は5月21日、山口県宇部市の宇部ケミカル工場敷地内に第五医薬品工場を建設すると発表した。

<宇部ケミカル工場の既存医薬品工場群>

宇部ケミカル工場の医薬品工場

少量・高活性の原薬製造に特化した工場で、2020年3月頃に着工し、2021年5月に完成後、試運転などを経て、6月から商業生産を開始。年産能力は数百kgを計画している。

宇部興産はこれまで、第一医薬品工場(1995年稼働)から第四医薬品工場(2011年稼働)まで、中・大規模な生産に対応した4つの製造工場を中心に医薬品原薬・中間体事業を展開してきた。

第五医薬品工場の建設で、少量・高活性原薬も開発から商用生産まで一貫体制を構築し、より幅広いニーズに対応していく。

■第五医薬品工場の概要
建設地:山口県宇部市大字小串1978-10(宇部ケミカル工場)
構造:鉄骨ALC(軽量気泡コンクリート)造
延床面積:1000m2
生産能力:数百kg/年
主要設備:反応槽2基、ろ過乾燥機1基、粉砕機1基、キロラボ製造設備1式、クリーンルーム(反応/ろ過乾燥、粉砕、キロラボ)各1式

最新ニュース