JR貨物/山陽線の一部列車で7~9月期に通常運転再開

2019年05月22日 

JR貨物は5月22日、「平成30年7月豪雨」などで被災した山陽線の一部区間で、7月1日~9月30日のあいだ一部列車の運転を通常に戻すと発表した。

対象は、始発駅時刻を20分以上繰り上げ・下げしている列車(下り2本、上り3本)、終着駅時刻を20分以上繰り下げている列車(下り2本、上り3本)、途中駅作業を取り止めている列車(下り2本、上り3本)、途中駅作業を追加している列車(下り4本、上り1本)。

なお、10月以降は完全復旧に向けて作業を行う時間を再度確保する必要があることから、一部の列車で再度時刻を変更するとしている。

関連キーワード:

最新ニュース