商船三井/気候関連財務情報開示タスクフォースコンソーシアムに参画

2019年05月21日 

商船三井は5月21日、TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)コンソーシアムに参画すると発表した。

TCFDコンソーシアムは、企業に対して気候変動に対応した経営の推進を求める「TCFD提言」に関して、これに賛同する企業や金融機関などの間で議論する場として設立された組織。

今後はコンソーシアムへの参画を通じて得られた知見を経営戦略に生かしていくとともに、気候変動が事業に及ぼす機会とリスクを効果的に開示すべく取り組んでいく。

商船三井は、2018年に環境省の支援を受けてTCFD提言に基づいたシナリオ分析を実施。2019年3月に環境省が公表した「TCFDを活用した経営戦略立案のすすめ~気候関連リスク・機会を織り込むシナリオ分析実践ガイド~」に分析内容の一部が紹介された。

■ 「TCFDを活用した経営戦略立案のすすめ~気候関連リスク・機会を織り込むシナリオ分析実践ガイド~」 http://www.env.go.jp/policy/Practical_guide_for_Scenario_Analysis_in_line_with_TCFD_recommendations.pdf

最新ニュース