川崎汽船/JERA向け10万トン型石炭専用船「宮川丸」竣工

2019年05月21日 

川崎汽船は5月21日、今治造船の丸亀事業本部で、10万トン型石炭専用船「宮川丸」を竣工させた。

<宮川丸>

「宮川丸」は温室効果ガス排出抑制を目的とした主機過給機VTI(Variable Turbine Inlet)による燃費効率の最適化や、バラスト水処理装置による海洋生態系の保護など、最新鋭の環境配慮型システムを搭載した幅広浅喫水船。

今治造船と共同開発したJERA碧南火力発電所向けの輸送数量を最大化した「碧南マックス」船型で、今後はJERA Global Marketsとの輸送契約のもと長期にわたりJERA向けの海外炭輸送に従事していく。

■主要目
全長:249.99m
型幅:43.00m
型深:18.70m
満載喫水:12.994m
載貨重量トン数:10万1974MT
総トン数:5万7841t
純トン数:3万1511t
ホールド/ハッチ数:6/6

最新ニュース