森永乳業/21億円投じ、福井市の子会社工場で菌体の新工場棟建設

2019年05月20日 

森永乳業は5月20日、連結子会社の森永北陸乳業福井工場に新工場棟を建設すると発表した。

21億円を投資し、延床面積3500m2の工場棟を建設。7月に着工し、2020年秋頃の稼働を予定している。

新工場棟にはビフィズス菌や乳酸菌など菌体の製造ラインを導入し、国内外で拡大する菌体の需要増に対応するため生産体制を強化。稼働によって、森永乳業全体の菌体の年産能力を2018年度比2倍の150トンに増強する。

■新工場棟の概要
建設地:福井市高木2-601(森永北陸乳業 福井工場)
延床面積:3590m2 
生産品目:菌体
総投資額:21億円
生産能力:森永乳業全体で2018年度比2倍(150t)
着工:7月
稼働:2020年秋頃(予定)

最新ニュース