AIT/上海・大阪・東京を結ぶ複合一貫輸送サービスを提供開始

2019年05月20日 

エーアイティーは5月20日、上海フェリー、JR貨物グループと協力し、上海~東京間を大阪港経由でフェリーと鉄道で結び、最終仕向け地まで一貫輸送するハイブリッドプレミアムデリバリーサービス「シー&レール」を5月31日から開始すると発表した。

<サービスイメージ>

新サービスは、AITグループの上海倉庫で荷受し、フェリーで大阪港まで輸送後、大阪の
各駅に搬入し、JR貨物グループの鉄道で東京まで混載保税輸送した後、最終仕向け地まで配送を行うもの。

毎週火曜日の11時に上海を出港後、木曜日の8時30分に大阪へ入港。同日夜に大阪の鉄道ターミナルを出発し、金曜日の早朝に品川駅に到着したのち、午前中にコンテナピックアップやデバニング、CFS搬入を実施する。

東京港を迂回することで、同港の混雑による納期遅れの解消を実現できるほか、大阪からの鉄道輸送によって船よりも正確な納期設定(上海から東京まで安定的に4日で提供)が可能。

また、定時運航率の高さに加えて、上海からフェリーを利用することで現地のCFSカット時間に余裕が生まれ、現地生産サイドにもメリットがあり、鉄道を利用するためエコ化やトラック不足の解消にも寄与できる。

関連記事

最新ニュース