豊田通商/米国企業とドローン物流領域で協業

2019年05月20日 

豊田通商は5月20日、新たなモビリティサービスとして期待されるドローン物流領域での協業推進を目的に、2018年6月のシリーズC資金調達ラウンドにおいて、米国のスタートアップ企業である Zipline International Inc. (ジップライン社)に出資し、業務提携を締結したと発表した。

ジップライン社が事業会社の出資を受け入れるのは、豊田通商が初めて。

ジップライン社は、2016年10月に、ルワンダでドローンを使った病院向けの輸血用血液製剤の物流事業を開始し、世界に先駆けて、一国をカバーする規模でのドローン物流の商業化に成功した企業。

これまで1万3000回以上の飛行を通して、今では首都キガリ以外で必要とされる血液製剤の65%以上をカバーしている。2018年12月から、ルワンダに新たな物流拠点を開設し、取り扱い商材はワクチン等の医薬品にまで拡充した。また、2019年4月から、2か国目となるガーナで、ドローン物流事業を開始した。

豊田通商は、出資以降、ジップライン社と共同でグローバルなドローン物流事業を開発するとともに、自動車関連事業で培ったノウハウを生かし、ジップライン社の技術開発やオペレーション支援などの領域で、協業を推進している。

■ジップライン社概要
会社名:Zipline International Inc.
(ジップライン・インターナショナル)
本社:アメリカ合衆国カリフォルニア州
設立年:2011年8月
事業概要:ドローン機体開発・製造、ソフトウェア開発、ドローン物流オペレーション
事業展開国:ルワンダ、ガーナ

最新ニュース