鴻池運輸/大阪と東京のゆかりの地でクリーンアップ活動実施

2019年05月20日 

鴻池運輸は5月20日、地域貢献活動の一環として、3月31日に関東進出の縁の地である東京都江戸川区で、また、4月27日に創業の地である「伝法の地」で、クリーンアップ活動を実施したと発表した。

<東京・「クリーンアップ活動」集合写真>

東京・「クリーンアップ活動」集合写真

<東京・清掃活動の模様>

東京・清掃活動の模様

<大阪・「クリーンアップ活動」集合写真>

大阪・「クリーンアップ活動」集合写真

<大阪・清掃活動の模様>

大阪・清掃活動の模様

KONOIKEグループの従業員を中心に総勢229名が参加したクリーンアップ活動は、今回で東京では3回目、大阪では13回目の実施となった。

東京でのクリーンアップ活動は、江戸川区で行われた小松川千本桜まつりに参画し、KONOIKEグループの従業員20名が大島小松川公園を清掃した。

一方、大阪・淀川クリーンアップ活動は、鴻池社長はじめ、KONOIKE グループの従業員、毎回参加する此花区長と区役所の皆さん、此花区の「このはな元気!―区長と歩こうー会」メンバー、「大阪海さくら」メンバーに加え、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属で此花区住みます芸人「カリントウ」の2人の総勢209名が参加し、45リットルのごみ袋205個分のごみを回収した。

最新ニュース