キヤノン/100億円投じ、茨城県笠間市に拠点工場を集約・刷新

2019年05月16日 

キヤノンとキヤノンモールドは5月16日、今後の金型事業拡大に向け、キヤノンモールドが茨城県笠間市内に持つ6か所の工場を集約・刷新するため、同市内にある新用地への工場建設を計画していると発表した。

<キヤノンモールド新工場(イメージ)>
キヤノンモールド新工場(イメージ)

金型事業を担うキヤノンモールドが茨城県笠間市内に持つ6か所の工場を集約し、今後の金型事業拡大に向けて新用地への工場建設を計画している。

新工場では、建物や設備を刷新し、 生産能力の増強と物流効率の向上を図る。キヤノンモールドは引き続き、同じ茨城県内にある阿見事業所と連携し、市場変動による需要の変化に即座に対応できるよう最適な生産体制を構築していくとしている。

なお、キヤノンは、2016年度からの新5か年計画「グローバル優良企業グループ構想フェーズV」において、「戦略的大転換を果たし、新たなる成長に挑戦する」をスローガンに、新規事業の育成、強化に取り組む一方、現行事業の再強化を図っている。

■計画概要
名称:キヤノンモールド 本社・友部事業所(仮称)
所在地:茨城県笠間市柏井外(茨城中央工業団地・笠間地区)
敷地面積:約10万m2
延床面積:約1万8000m2
投資額:今後3年間で約100億円以上
(土地・建物:キヤノン、 設備:キヤノンモールド)
事業内容:精密プラスチック金型の設計、 製作
操業開始予定:2020年8月

最新ニュース