日本GLP/110億円投じ、千葉県八千代市にロコンド専用物流施設建設

2019年05月14日 

日本GLPは5月14日、千葉県八千代市で先進的物流施設「GLP八千代III」を建設すると発表した。

<GLP八千代IIIの外観イメージ>
GLP八千代III

総額110億円を投じ、地上4階建て延床面積5万9000m2の建屋を建設。12月の着工、2020年12月の竣工を予定しており、完成後は靴とファッションの通販サイト「LOCONDO.jp」を運営するロコンドが業容拡大に伴い専用施設として利用する。

ロコンドが日本GLPの物流施設を利用するのは、近隣で稼働中のGLP八千代と、2020年3月竣工予定で建設を進めているGLP八千代IIに続いて3棟目。

現在利用中の施設と物流ソリューションへの評価に加え、同エリアで業容を拡大するロコンドのニーズにGLP八千代IIIの立地と施設提案が合致したことが、開発段階での賃貸借予約契約締結につながった。

GLP八千代IIIの建設地は、都心部まで30km、京葉道路「武石IC」まで10kmと物流拠点として優れた立地にあり、GLP八千代IIから徒歩4分と至近なため、同施設との一体運用によって人員、配送などの一層の効率化を図ることができる。

施設面の特徴として、入出荷作業がメインとなる一階では、防火区画壁をすべて防火シャッターにすることで、作業動線のフレキシビリティを向上。倉庫エリアにはWi-Fiのアクセスポイントを設置して通信環境を整える。

また、働きやすさの一層の向上を図る観点から、自動車通勤者向けに十分な駐車場を整備するとともに、最寄り駅からの通勤をサポートするため電動自転車の無償利用サポートを行うほか、民間バスの路線引き込みについても検討している。

さらに、施設内で女性従業員が多く就業予定であることを踏まえ、女性用洗面所を増設するほか、「ビッグアスファン」や宅配ロッカーの設置を予定。コミュニティーとの共生を図るため、施設の従業員や近隣住民が使用できる利便施設も併設する予定だ。

日本GLPの帖佐 義之社長は「八千代市内での施設開発は3棟目となり、物流立地としての利便性とポテンシャリティーの高さからいずれも着工前か竣工直後に満床となっている。ロコンドによるGLP八千代IIに続くGLP八千代IIIの利用決定は、今日までに築いてきた両社の強固なリレーションシップによるもの。今後もロコンドのビジネス拡大を支えていくと同時に、施設開発・運営を通じて地域社会の発展にも貢献していきたい」とコメントした。

■GLP八千代IIIの概要
所在地:千葉県八千代市緑が丘西6
敷地面積:2万9000m2
延床面積:5万9000m2
構造:地上4階建て、耐震・鉄骨造
着工:12月
竣工:2020年12月
認証取得:CASBEE(自主評価)予定
投資額:110億円

最新ニュース