JR貨物/東京貨物ターミナル駅構内で輸出小口貨物輸送の開始

2019年05月14日 

日本貨物鉄道(JR貨物)は5月14日、グループ会社である日本フレートライナーが東京貨物ターミナル駅構内で運営する東京 ICD(インランドコンテナデポ)を活用し、関光汽船とともに、東京と中国・韓国を下関経由で結ぶ小口貨物の輸送を開始したと発表した。

<輸送スキーム>
輸送スキーム

国内鉄道コンテナ輸送と国際 RORO 船・フェリーを組み合わせることにより、中国・韓国向けの輸出貨物を3~4日で輸送する。国内輸送では定時性の高い鉄道を利用することにより、リードタイムの向上とトラック輸送の手配が不要となり、安心・確実に輸送することが可能となった。

効果として、国内輸送をトラックから鉄道に切り替えることにより、リードタイムの短縮を実現するとともにトラック手配を不要とし、安心・確実に輸送できるようになった。

また、輸出貨物を東京ICDでJR12ftコンテナに積み替えることにより、小口貨物を東京から下関まで鉄道輸送する。

■概要
輸送区間:東京→中国(太倉、青島、大連)、韓国(釜山)間
鉄道区間:東京貨物ターミナル駅(東京都品川区)→ 下関駅(山口県下関市)
輸送回数:青島行き・釜山行き 週 3 回(東京発火・木・金曜日)
     太倉行き 週 2 回(東京発火・金曜日)
大連行き 週 1 回(東京発木曜日)
輸送開始日:2019年5月中旬より

最新ニュース