ニチレイ/低温物流事業は売上高3.1%増の2010億円

2019年05月14日 

ニチレイが5月14日に発表した2019年3月期決算によると、低温物流事業の売上高は2010億4900万円(前年同期比3.1%増)、営業利益は113億9800万円(1.3%増)だった。

大都市港湾地区を中心に、旺盛な保管需要により庫腹が逼迫する一方で、電力料金の上昇や、慢性的な労働力不足による荷役作業コストや輸配送コストの上昇が継続した。

物流ネットワーク事業や海外事業で売上げが拡大したことに加え、地域保管事業で集荷拡大が進み増収となった。また、利益面では荷役作業コストなどが上昇したものの、業務改善及び運送効率化などの施策を引き続き推進したことで増益となった。

次期は、売上高2044億円(1.7%増)、営業利益116億円(1.8%増)を見込んでいる。

最新ニュース