マルハニチロ/3月期の物流事業、売上高2.4%増、営業利益0.4%増

2019年05月13日 

マルハニチロが5月13日に発表した2019年3月期の物流事業の売上高は163億4800万円(前期比2.4%増)、営業利益は18億7800万円(0.4%増)となった。

2月に発生した東京・城南島物流センターの火災や、2018年9月の大阪・南港物流センターの台風被害などの重大事象による減収や、燃料調整費の上昇などに伴う動力費の増加、労務コストの上昇、平和島物流センターの新規稼働に伴う賃借料の増加などがあったものの、首都圏をはじめとする大都市圏で旺盛な保管需要を取り込んだことにより、増収増益となった。

次期は、城南島物流センターと南港物流センターの早期復旧、大都市圏の基幹センターの最大活用によって、引き続き旺盛な保管需要の取り込みを図るとともに、全国レベルで輸配送・通関などを含めた一貫物流サービスを提供し、収益拡大を目指す。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集