福山通運/3月期の売上高6.7%増、営業利益32.3%増

2019年05月13日 

福山通運が5月13日に発表した2019年3月期決算によると、売上高2856億8600万円(前年同期比6.7%増)、営業利益194億7800万円(32.3%増)、経常利益215億5300万円(33.7%増)、親会社株主に帰属する当期利益149億6200万円(40.3%増)となった。

運送事業の売上高は2517億1900万円(7.1%増)、営業利益は180億2400万円(39.9%増)となった。

運送事業は、7月に養父営業所(兵庫県)、10月に大分杵築営業所、11月に北海道滝川営業所を開設するなど集配拠点の整備を進め、輸送サービスの向上に努めてきた。また、7月にはキタザワをグループに加え、首都圏での引越し事業の強化を図ってきた。

流通加工事業の売上高は171億2700万円(5.2%増)、営業利益は22億1300万円(0.4%増)だった。

国際事業の売上高は90億4200万円(10.9%増)、営業利益は5億9100万円(15.1%増)となった。

次期は、売上高2934億円(2.7%増)、営業利益95億円(1.9%減)、経常利益209億円(3.0%減)、親会社株主に帰属する当期利益143億円(4.4%減)を見込んでいる。

最新ニュース