JAL/中国・宏遠グループと越境ECの国際輸送プラットフォーム構築

2019年05月08日 

日本航空(JAL)と中国の宏遠(ホンユエン)グループホールディングスは5月8日、日本企業と中国ECサイト運営会社間の商流マッチングを担う共同出資会社「JAL宏遠」を設立すると発表した。

<調印式 宏遠グループの陳会長(左)、JAL執行役員の岩越貨物郵便本部長(右)>
宏遠グループの陳会長

<宏遠グループが北京空港で展開する越境EC通関センター>
宏遠グループの越境EC通関センター

成長著しい日本発中国向け越境ECビジネスで、日本企業と中国ECサイト運営会社間の商流構築をサポートするとともに、中国の購入者に越境EC商品を配送する高速一貫国際輸送プラットフォームを提供することで4月8日に合意した。

<提供サービスイメージ図>
イメージ図

JAL宏遠では、日本企業と中国ECサイト運営会社間の商流マッチング・売買仲介に加え、羽田空港隣接地に建設中の物流施設での商品の保管・管理、同施設でのフルフィルメントサービス・輸出通関・国際航空輸送手配、羽田空港から北京首都空港までの航空輸送、北京首都空港で宏遠グループが展開する越境EC通関センターでの貨物取扱い・輸入通関・個別配送、中国向け越境EC進出に向けた各種支援といったサービスを提供する。

最新ニュース

物流用語集