LIXILビバ/物流構造改革で埼玉に5.5万m2の物流拠点新設

2019年05月08日 

「スーパービバホーム」などのホームセンターを展開するLIXILビバは5月7日、2019~2021年度の3か年中期経営計画でロジスティクスの再構築を含む物流構造改革に着手すると発表した。

3年で総額39億円を投じて物流拠点の統合や新設、自動化を進め、首都圏など大都市圏での出店加速や人手不足に対応するほか、運搬コストの軽減を図り、出店拡大を見越した物流機能の効率化を進める。

<物流拠点の再編計画>
物流拠点の再編計画

首都圏では、吉井DCセンター、三和DCセンター、板井DCセンター、大生郷物流センターの機能を、新設する東松山物流センターと大生郷DCセンターの2拠点に集約・統合する。

<東松山物流センターが入居するプロロジスパーク東松山>
プロロジスパーク東松山

東松山物流センターはプロロジスが開発したプロロジスパーク東松山のうち5万5000m2を使用し、アッセンブリー専用の拠点として開設。荷捌き順立てシステムやピースソーター(小物仕分ソーター)、オリコン積付機、出荷仕分ソーターなどのマテハン機器を導入し、自動化も図る。

首都圏以外では、関西と九州にそれぞれ物流拠点を新設する。これら一連の取り組みによって倉庫面積を150%に拡大し、現行の人員数を維持したまま出荷能力を160%増強する。

最新ニュース