ヤマトシステム開発/監視・保守・復旧までのRPAサービスを提供開始

2019年05月07日 

ヤマトシステム開発(YSD)は5月7日、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)導入企業の業務効率化、ワーク・ライフ・バランスの支援を目的として、クラウド環境を利用した「24時間365日」監視、保守、復旧サポートし、また「稼働時間に応じた料金体系」を実現させたRPAサービスの提供を開始すると発表した。

<サービスフロー図>
サービスフロー図

サービスの概要は、YSDが宅急便の情報システムが24時間365日円滑に稼働するための監視を行っており、その体制・ノウハウを活用し、RPAマルチベンダーとしてサービスを提供する。

導入企業には、24時間365日RPA稼働監視により、昼夜間問わず安心してRPAを利用することが可能になる。予期せぬRPA停止時の復旧をYSDが行うことで、復旧作業にかかる業務負荷を軽減。

また、YSD運営のクラウド環境上にRPA実行環境を構築するため、新たなハードの増設、その保守が不要となり管理負荷およびコスト削減が可能になる。

さらに、RPA稼働時間に応じた従量課金制のため、通常固定費であるRPA使用コストの変動費化が可能だ。

このサービスは、2019年6月からテスト運用を開始し、2019年8月頃に本運用のサービス提供を予定している。またYSDはRPAマルチベンダーとして、業務解析、シナリオ開発、監視、保守、復旧まで、顧客の事業価値向上を目的とした業務変革をトータルにサポートするメニューを順次増やしていく予定だ。

なお、労働人口が減少している昨今、労働力の有効活用や「働き方改革」の実現に向け業務効率化が課題となっており、その解決手段として、業務自動化を実現するRPAの導入が急速に進んでいる。

最新ニュース