拓洋/神奈川県横浜市に1万m2の物流施設を取得、使用開始日10月1日

2019年05月07日 

拓洋は神奈川県横浜市に9615.82m2の物流施設「横浜都筑倉庫」を取得し、10月1日使用開始日として、テナント募集を開始した。

<拓洋 横浜都筑倉庫外観>
拓洋 横浜都筑倉庫外観

<広域地図>
広域地図

<周辺航空写真>
周辺航空写真

立地は、第3京浜道路及び首都高速神奈川7号横浜北線港北ICの至近。首都高速「横羽線」、「湾岸線」へのアクセスは良好。2021年には、横浜環状北西線により、東名高速の青葉JCT(仮)までが開通する予定だ。最寄駅はJR横浜線小机駅から約1.7㎞、徒歩で約20分の距離。

半径20㎞圏内に東京西部、川崎・横浜等の大消費地を擁する配送拠点として希少な立地であり、工業地域内にあることから、24時間365日稼働可能だ。

全館LED化を図り、事務所区画の空調も更新済み。トラックバースには最大10台が接車可能。40台駐車できる駐車場も用意されている。

■施設概要
名称:拓洋 横浜都筑倉庫
所在地:神奈川県横浜市都筑区川向町747-1
敷地面積:5088.48m2
延床面積:9615.82m2
構造:鉄骨・鉄筋コンクリート造亜鉛メッキ鋼板葺5階建て
竣工:1998年9月
営業倉庫取得可能

最新ニュース