三菱倉庫/3月期の売上高5.5%増、営業利益1.9%増

2019年04月26日 

三菱倉庫が4月26日に発表した2019年3月期決算によると、売上高2271億8500万円(前年同期比5.5%増)、営業利益126億6000万円(1.9%増)、経常利益173億3300万円(7.3%増)、親会社に帰属する当期利益115億6400万円(10.0%増)となった。

物流事業全体の売上高は1904億3400万円(5.1%増)、営業利益は76億900万円(0.7%減)。うち、倉庫・陸上運送では医薬品、飲料、自動車部品などの取扱いが増加し、売上高は倉庫事業で549億300万円(4.3%増)、陸上運送事業で518億5000万円(5.8%増)となった。港湾運送事業の売上高はコンテナ貨物の取扱増加などにより238億9000万円(1.0%増)、国際運送取扱事業の売上高は輸出入貨物の取扱増加などにより530億1500万円(6.0%増)となった。

不動産事業全体の売上高は386億7900万円(7.4%増)、営業利益は107億8300万円(5.9%増)。うち、不動産賃貸事業は稼働率の上昇で売上高が294億2400万円(0.6%増)となったほか、その他の売上高はマンション販売事業の販売物件増加で92億5400万円(36.8%増)となった。

次期は、営業収益2320億円(2.1%増)、営業利益117億円(7.6%減)、経常利益159億円(8.3%減)、親会社に帰属する当期利益125億円(8.1%増)を見込んでいる。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集