トランコム/3月期の売上高6.6%増、営業利益13.3%増

2019年04月25日 

トランコムが4月25日に発表した2019年3月期決算によると、売上高1511億1100万円(前年同期比6.6%増)、営業利益67億3300万円(13.3%増)、経常利益66億5100万円(12.6%増)、親会社に帰属する当期利益43億2800万円(19.5%増)となった。

ロジスティクスマネジメント事業の売上高は、新規業務の稼働や既存拠点の物量増に加え、受託料金の適正化を推進したことで511億1800万円(8.4%増)。営業利益は前期稼働事業所と既存拠点の収益性の改善によって30億3300万円(5.9%増)となった。

物流情報サービス事業の売上高は、上期の空車不足が下期にかけて緩和され、成約件数が増加したことや、トラックドライバー不足の影響などで運賃単価が上昇したことから837億5000万円(7.3%増)。営業利益は、売上高の増加に伴い33億1200万円(6.6%増)となった。

次期は、売上高1588億5000万円(5.1%増)、営業利益72億7000万円(8.0%増)、経常利益72億円(8.2%増)、親会社に帰属する当期利益47億5000万円(9.7%増)を見込んでいる。

最新ニュース