ニッコンHD/タイ現地法人が1.4万m2の新倉庫竣工

2019年04月25日 

ニッコンホールディングスは4月25日、タイ現地法人のNIPPON KONPO(THAILAND)が、同国チョンブリ県で新倉庫を竣工させたと発表した。

<外観>
外観

<内観>
内観

新倉庫は平屋建てで、倉庫面積は1万4000m2。主要設備として、ドックレベラー7基やホイストクレーン(5t吊り)2基、固定式5段ラック(保管数3200パレット)などを導入した。

バンコク中心部から南東へ120km、海外との玄関口のレムチャバン港から東へ16km の場所に立地しており、近在の工業団地には自動車関連をはじめとしたさまざまな製造業が進出している。

■新倉庫の概要
所在地:509/9 Moo3 Nong Kham Sub-district, Sriracha District, Chonburi Province,20230
敷地面積:5万6880.80m2
構造・規模:鉄筋コンクリート造 屋根鉄骨 平屋建
倉庫面積:1万3919.60m2(第1倉庫9385.45m2、第2倉庫4534.15m2)
主要設備:ドックレベラー7基、ホイストクレーン(5t吊り)2基、全館LED省電力照明、倉庫床防塵仕様、屋内消火栓設備、空調付き小組ルーム(500m2)、固定式5段ラック(保管数3200パレット)、WMS(ハンディースキャン対応)
倉庫仕様:床耐荷重2t/m2、下屋部分 西側北南84m×幅8m(672m2)、東側北南72m×幅8m(576m2)

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集