三井不動産/MaaS Global社とロジスティクス含めた街づくりで協業

2019年04月24日 

三井不動産は4月24日、世界初の本格的なMaaS(Mobility as a Service)のプラットフォーム「Whim(ウィム)」を展開するMaaS Global社(MG社)と街づくりでのMaaSの実用化に向けた協業について契約を締結したと発表した。

<スマホアプリ「Whim(ウィム)」>
スマホアプリ「Whim(ウィム)」

それに伴い、MG社への出資を行った。今後、両社にて2019年内に首都圏において交通事業者等と連携した実証実験を開始するとともに、サービス化に向けた今後の取り組みを加速させていくとしている。

三井不動産では長期経営方針「VISION 2025」を掲げ、「テクノロジーを活用し、不動産業そのものをイノベーション」することを全社の重要施策として位置付けている。ビル、商業、住宅、ホテル、ロジスティクスなど三井不動産の街づくりにおける幅広い事業領域と、MG社がグローバルで展開してきたMaaS事業の知見を生かし連携強化を図ると共に、交通体験に限らず、街に住む人・働く人の生活を快適にする街づくり視点でのMaaSの実用化に取り組んでいくとしている。

なお、「Whim(ウィム)」とは、MG社が提供する、MaaSの統合スマホアプリ。都市交通において、MaaSを世界で初めて実践した事例として注目され、フィンランドのヘルシンキ、イギリスのバーミンガム、ベルギーのアントワープに進出し、近くシンガポールでもサービス開始予定。

あらゆる交通手段を組み合わせて最適な移動体験を提供するほか、公共交通のみならず、タクシー、レンタカー、カーシェア、自転車シェアなどの移動手段を網羅。料金体系は世界初の交通サブスクリプションモデル(定額制)を導入する。

最新ニュース