日立物流/核融合実験炉用の超大型重量機器をフランスまで海上輸送

2019年04月23日 

日立物流は4月23日、量子科学技術研究開発機構(QST)、フランスの物流会社DAHERと、ITER包括輸送プロジェクトの日本~フランス間一貫輸送に関わる基本契約を4月7日に締結したと発表した。

<3者間契約締結の様子>
3者間契約締結

ITER包括輸送プロジェクトとは、日本を含む6か国が分担して製造した機器を、フランスで建設中の国際熱核融合実験炉(ITER)サイトへ納入するため現地まで輸送するプロジェクト。

DAHERがプロジェクトを一括受注し遂行しているほか、QSTが日本の国内機関として日本が分担する機器の開発、製造、輸出を含む調達を担当している。

日立物流は日本でのDAHERのパートナーとして、長年培った高い専門技術とノウハウを活用し、超大型重量機器の日本からフランスまでの輸送を担当する。

ITER計画は、平和目的の核融合エネルギーが科学技術的に成立することを実証する為に、人類初の核融合実験炉を実現しようとする超大型国際プロジェクト。2025年の運転開始を目指し、日本・欧州連合(EU)・ロシア・米国・韓国・中国・インドの7極によって進められている。

■輸送の概要
作業範囲:日本~フランス間の海上輸送(日立物流)、フランス側現地輸送(DAHER)
輸送品:トロイダル磁場(TF)コイル(計9基)(国内メーカー2社が製造)
大きさ/重量:(W)18m×(D)10m×(H)5m/500トン(1基あたり)
作業時期:2020年~2022年予定

最新ニュース