日本郵船/三菱商事向けの新造LNG船を命名

2019年04月22日 

日本郵船は4月22日、三菱商事、東邦エルエヌジー船舶と東北電力による共同出資会社が保有する新造液化天然ガス(LNG)運搬船を、「Diamond Gas Sakura」と命名したと発表した。

<「Diamond Gas Sakura」>

この船は三菱商事の完全子会社Diamond Gas International Pte. Ltd.との長期定期用船契約に基づき、5月15日の竣工後約20年間、米国ルイジアナ州で三菱商事と日本郵船が共同参画する米国キャメロンLNGプロジェクトなどのLNG輸送に従事する予定。船舶管理は日本郵船グループが担う。

昨年竣工した「Diamond Gas Orchid」、「Diamond Gas Rose」と同じく最新鋭の船体構造と推進システムを組み合わせた「サヤリンゴSTaGE」を採用し、LNGの積載効率を高めると同時に燃料消費量と二酸化炭素(CO2)排出量の削減を実現する。

■概要
全長:293.5m
全幅:48.94m
総トン数:14万4828トン
主機関:STaGE (Steam Turbine and Gas Engines)
積載容量:16万5000m3
建造造船所:三菱造船/三菱重工海洋鉄構
船籍:バハマ

最新ニュース