ミスミ/愛知県稲沢市に3.3万m2の物流センター開設

2019年04月19日 

ミスミグループ本社は4月19日、愛知県稲沢市に「中日本流通センター」を新設し、4月20日から稼働を開始すると発表した。

<中日本流通センター>
中日本流通センター

三井不動産が建設したマルチテナント型物流施設「MFLP稲沢」の3万3000m2を賃借した。

ミスミグループ本社は東日本(神奈川県)と西日本(兵庫県)に物流拠点を設けており、需要が集積する中部地区に対して、従来は両流通センターから商品を出荷してきたが、顧客へのサービスをさらに充実させるため、国内3か所目の物流拠点として中日本流通センターの新設を決定した。

中日本流通センターには、売上の大多数を占める商品を在庫することで「確実短納期」を一層強化するとともに、BCPの観点から災害対応の強化も図る。

FA製造装置や金型用精密部品といったMTO(Make to Order:受注製作品)の商品、在庫商品の双方で、納期や納品形態など顧客のさまざまな要望に対応する新たな物流モデルを構築し、今後はこの物流モデルをグローバルに展開して顧客の利便性向上を追及していく。

■中日本流通センターの概要
所在地:愛知県稲沢市奥田大沢町2-1 MFLP稲沢
庫内規模:3万3000m2
稼働開始日:4月20日

最新ニュース