日本郵船/海運・物流業界でのオープンイノベーション推進イベント開催

2019年04月18日 

日本郵船は4月18日、グループのSymphony Creative Solutions(SCS)が、シンガポール国立大学のスタートアップインキュベーション事業であるNUS Enterpriseと、海運・物流業界でのオープンイノベーションの推進を目的としたイベントを2月と3月に開催したと発表した。

<ONEのJeremy Nixon CEO>
ONEのJeremy Nixon CEO

<イベント会場>
イベント会場

2月12日開催の「Kopi Chat Deep Dive with SCS – Sailing into Digital Waters」では、Ocean Network Express(ONE)のJeremy Nixon CEOが基調講演を行い、海運業界のトレンドやONEのデジタルトランスフォーメーション(ITの浸透によりあらゆる面でより良い方向に変化させること)の取り組みについて紹介。

パネルディスカッションにはシンガポール海事港湾庁(MPA)やスタートアップ企業の代表者も加わり、海運産業でのデジタライゼーションの重要性について活発な討議が行われ、満員の会場から多くの質問が寄せられた。

会場には2018年に開催したスタートアップコンテスト「Ocean of Opportunities(O3)Challenge 2018」のファイナリストらの展示スペースを設け、参加者同士の情報交換を促した。

<MPAの担当者がシンガポール政府のスタートアップ支援を紹介>
MPAの担当者がシンガポール政府のスタートアップ支援を紹介

また、3月15日に開催した「Funding Success in Startups」では、スタートアップ企業の関心が深いファンド獲得をテーマとしたパネルディスカッションで、シンガポール海事港湾庁(MPA)がシンガポール政府のスタートアップ支援を紹介。また、2018年に引き続き開催する「O3 Challenge 2019」の実施要綱やチャレンジステートメントの説明を行い、出席者にコンテストへの参加を呼びかけた。

「O3 Challenge」は、オープンイノベーションを通じて海運業界に創造的なアイデアをもたらすことを狙いとするコンテスト。協力企業のONEが提示する実務上の課題に対し、スタートアップ企業の自由で先進的な発想によるアイデアを募集し選考を行う。共同運営者のNUS Enterpriseとともに、MPAなどの関係者のサポートを受けて運営している。

最新ニュース