CEC/トラックの物流ICTソリューションに「受付管理システム」追加

2019年04月18日 

シーイーシー(CEC)は4月18日、トラックの入出荷業務を効率化する物流ICTソリューション「LogiPull(ロジプル)」に「受付管理システム」を加え、提供開始したと発表した。

<受付管理システムの概要>
受付管理システムの概要

「LogiPull 受付管理システム」は、使いやすいタブレット端末で入場受付業務の効率化と受付情報のデジタル化により、物流施設全体の情報共有と入出荷業務を支援する。

導入効果では、バース予約機能と連携により、来場情報の事前共有、車両受入予定のバース計画作成、庫内の入出荷準備作業など後工程との同期を図り、待ち時間などムラ・ムダ解消につながる。

また、入出荷時間のデータ化により、バース管理のボトルネック可視化による分析改善が可能。受付業務にかかわる工数/人件費を削減し、受付の無人化が可能になる。

<LogiPullの概要>
LogiPullの概要

「LogiPull」は、工場や物流拠点のトラック積降を効率化する物流ICTソリューション。従来提供している「バース予約管理」「車両入退管理」「車両誘導」「バース実績管理」に、今回提供を開始する「受付管理」を加え、充実したラインアップで顧客の物流業務を支援する。

多くの物流施設では、トラックなどの車両受付・退出時に、紙の受付票管理が使われている。このため、入荷集中時間帯での待機車両発生につながる要因となっている。受付票の管理・保管方法や検索が煩雑で、守衛室と物流現場間でのリアルタイムな情報共有が困難なことも問題となっている。

最新ニュース