JR貨物/3月のコンテナ貨物輸送量5.5%減

2019年04月17日 

日本貨物鉄道(JR貨物)が4月17日に発表した3月の輸送動向によると、コンテナ貨物の輸送実績は200万5000トン(前年同月比5.5%減)、車扱は77万6000トン(6.9%減)となった。

3月のコンテナは、関東地区内の建設発生土輸送が順調に推移したことから、エコ関連物資が増送となった。

一方、農産品・青果物は、北海道産生育不良に伴う在庫薄の影響が大きく、九州産玉葱の生育順調により前倒し出荷が進んでいるものの、低調な荷動きとなった。また、顧客各社の物流体系の見直し等に伴って、特に九州発着において食料工業品、積合せ貨物、自動車部品などが減送となったほか、年度末の在庫調整に伴って化学工業品、化学薬品が前年を下回った。

引越荷物についても、働き方改革による分散化が進展したことから、減送と
なった。

コンテナ全体では前年比5.5%減となった。

車扱は、石油が暖冬・少雪に伴って雪解けが平年と比較して早かったため、灯油を中心に需要が低調となった。その結果、車扱全体では前年比6.9%減となった。

コンテナ・車扱の合計では、前年比5.9%減となった。

最新ニュース