三菱ふそう/スーパーグレートをリコール

2019年04月16日 

三菱ふそうトラック・バスは4月16日、国土交通省にスーパーグレートのリコールを届け出た。

不具合の部分は原動機(オイルミストセパレータ)。

大型トラック及びバスのエンジンで、エンジンオイルの交換時期の設定が不適切なため、使用条件が厳しい場合、設定期間より早くエンジンオイルが劣化することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、オイルミストセパレータにスラッジ(燃焼で発生する煤やオイル中の劣化物)が堆積して、目詰まりを起こし、クランクケースの内圧が上昇、エンジンオイルが吸気系に流入して、最悪の場合、意図せずエンジン回転が上昇し、エンジンが破損するおそれがある。

全車両、クランクケースの内圧を測定し、オイルミストセパレータに目詰まりが生じていると判断されるものは、新品のオイルミストセパレータに交換するとともに、エンジンオイルとオイルフィルターを交換する。

使用条件が厳しい(シビアコンディション)と判断された場合についてもエンジンオイルとオイルフィルターを交換する。さらに、エンジン制御プログラムに対策プログラム(オイル量減少時の検知性向上とエンジン過回転防止)を追加する。

また、適切なエンジンオイルメンテナンスの励行を喚起するステッカーを貼付し、シビアコンディションの条件を明記したリーフレットを配布する。

リコール対象車の台数は計4万316台。不具合の件数は240件、事故は火災が2件。

■型式等は下記URLを参照
http://www.mlit.go.jp/common/001285548.pdf

最新ニュース