アマゾン/埼玉県川口市に4.2万m2の新たな物流拠点開業

2019年04月16日 

アマゾンは4月16日、「Amazon Robotics」を導入した新たな物流拠点「アマゾン川口FC(フルフィルメントセンター)」を開業し、2019年9月に本格稼働を予定していると発表した。

<アマゾン川口FC外観>
アマゾン川口FC外観

施設は4階建屋のうち2~4階を使用し、延床面積約約4万2000m2)を使用する。

「Amazon Robotics」は、商品棚の下に「Drive」と呼ばれるロボットが入り、棚を持ち上げ、FC内を移動する革新的なテクノロジー。ロボットが商品棚を従業員の前まで運ぶことにより従業員が移動することなく業務できることで、入荷した商品の棚入れ時間と、顧客の注文商品の棚出し時間の削減につながる。

「アマゾン川口FC」には、2019年4月に本格稼働開始した「アマゾン茨木FC」と同じく、最新型の「Amazon Robotics」が導入される。これまでの「Amazon Robotics」よりロボットが薄くなる一方で、より重量のある棚を持ち上げることができるため、さらに豊富な品揃えの確保が可能となる。

従業員は、「アマゾン川口FC」にて「Amazon Robotics」の テクノロジーを活用し、書籍、電子機器、玩具などの商品を取り出して梱包し、顧客へ出荷する。

■概要
名称:アマゾン川口FC(DPL川口領家内)
住所:埼玉県川口市領家5-14-35
階数:4階建屋のうち、2~4階を使用
延床面積:約4万2000m2

最新ニュース