商船三井など/三井海洋開発のメキシコ沖FPSO長期傭船事業に出資参画

2019年04月15日 

三井海洋開発、三井物産、商船三井の3社は4月15日、三井海洋開発が推進しているメキシコ沖合Area1鉱区向けFPSO(浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積出設備)の長期傭船事業に三井物産と商船三井が出資参画することに合意し、4月12日付で同事業に対する融資契約を締結したと発表した。

三井海洋開発がオランダに設立済のArea1 Mexico MV34 B.V.社(MV34社)に三井物産と商船三井が出資参画(出資比率:三井海洋開発35%、三井物産35%、商船三井30%)し、3社でFPSOの長期傭船事業を共同推進する。

<地図>
地図

傭船先はイタリアの大手石油会社EniS.p.A.の子会社で、Area1鉱区のオペレーターであるEni Mexico S. de R.L. de C.V.(Eniメキシコ社)で、MV34社は「Eniメキシコ社」と15年間(その後1年毎×5回の延長オプションあり)の長期傭船契約を2018年12月に締結している。

FPSOの長期傭船事業に対する融資は、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友信託銀行、Societe Generale、BNP Paribas、Oversea-Chinese Banking Corporation Limited、Clifford Capital Pte. Ltd.、Credit Industriel et Commercialの協調融資によるもので、メキシコで行なうFPSO事業に対する初のプロジェクトファイナンス案件となる。

FPSOは2021年に完工し、Area1鉱区に据え付けられ、水深約32mの海底油田の開発に用いられる予定。

■FPSOの概要
原油生産能力:9万バレル/日
ガス生産能力:7500万ft3/日
原油貯蔵能力:90万バレル
係留方式:Disconnectable Tower Yoke(ディスコネクタブル・タワー・ヨーク)

最新ニュース

物流用語集