キューネ・アンド・ナーゲル/リードタイム保証の海上貨物オンライン発表

2019年04月15日 

キューネ・アンド・ナーゲルは4月15日、フルコンテナ貨物輸送のリードタイムを保証する業界初の海上貨物オンラインシステム、KN Pledge(KNプレッジ)を発表した。

このサービスは、リードタイム保証、100%返金保証、損害賠償責任の拡張、即時見積り発行、カーボンオフセットなどに対応する業界初のオンラインソリューション。

海上貨物輸送が発達した現代においても、輸送の遅延はさまざまな理由で発生する可能性がある。例えば、鉄道や道路の混雑、悪天候、積替えの遅れなどがサプライチェーンを乱す要因となっている。しかしKN Pledgeを利用すれば、キューネ・アンド・ナーゲルがPTP(ポートツーポート)からDTD(ドアツードア)までフルコンテナ輸送のリードタイム(輸送日数)を保証するので、貨物の遅れに対する心配を軽減できる。万が一遅延が避けられない場合、KN Pledgeを通じて予約した顧客は料金を支払う必要がない。

サービスの内容には損害賠償責任の大幅な拡張も含まれており、コンテナあたり最大10万米ドルを補償する。賠償責任範囲としては火事、爆発、天災、戦争なども含まれる。

さらに、キューネ・アンド・ナーゲルはインドネシア、ケニア、ペルーで4つの環境関連プロジェクト開発への参加を通じ、顧客に代わって輸送に関わる二酸化炭素排出量を相殺する。そのため、KN Pledgeの利用者はフルコンテナ輸送時に発生する環境への負荷を自発的に相殺することになる。

なお、キューネ・アンド・ナーゲルの本社はスイス・シンデレギで、世界100か国以上、1300を超える拠点で8万2000人以上の社員を擁する、世界をリードする物流企業グループ。主に海上貨物輸送、航空貨物輸送、コントラクトロジスティックス、陸上輸送の分野で確固たる地位を確立しており、IT技術を基盤としたインテグレーテッドロジスティックスでは高い評価を得ている。

最新ニュース