ヤマト運輸、日野自動車/トラックドライバー向けに安全運転研修プログラム

2019年04月15日 

マレーシアヤマト運輸(YTM)、日野モータースセールスマレーシア(日野マレーシア販売)は4月15日、マレーシアでの人々が安心安全に生活できる車社会の実現に向け、両社が持つ安全に関する経験や機能を活用した、トラック・バスドライバー向けの新たな安全運転研修プログラムを日野マレーシア販売の試乗・講習施設「日野トータルサポート カスタマーセンター」において提供を開始したと発表した。

<日野トータルサポート カスタマーセンター外観>
日野トータルサポート カスタマーセンター外観

日野トータルサポート カスタマーセンターが提供するトレーニングプログラム内に、安全運転に関する運転適性診断・座学・実車訓練を組み合わせた研修コンテンツを追加した。

ドライバー自身の運転特性を踏まえてトレーニングを行うことで、安全運転に対する知識・意識および運転スキルのさらなる向上を目的としている。具体的には、運転適性診断の結果をインストラクターが活用し、実車訓練を通じてドライバーに「気づき」を与え、ドライバーの安全運転の知識と意識の向上を促進する。さらに、受講者をマネジメントする管理者に対しても研修結果を共有し、受講者の日々の安全運転指導に役立ててもらう。

なお、日野マレーシア販売は1977年に設立し、マレーシアの顧客に最適なトラック・バスの提供と、購入した車両が顧客のビジネスにしっかり貢献するための「トータルサポート」を推進してきた。その一環として、2015年に「日野トータルサポート カスタマーセンター」を新設し、これまで年間約3000名のトラック・バスドライバーに対し、安全運転・省燃費運転講習を提供している。

■施設概要 
名称:日野トータルサポート カスタマーセンター
所在地:マレーシア ネグリ・スンビラン州 セレンバン市 センダヤン工業団地 (日野マレーシア製造敷地内)
設立:2015年2月(2017年11月リニューアル)
敷地面積:3万9600m2
設備:研修棟、周回路、狭隘路
累計利用者数:約1万1000名(2019年3月末時点)

最新ニュース