豊田通商/90億円投じ、福島県楢葉町に二次電池材料工場建設

2019年04月12日 

豊田通商は4月12日、豪リチウム資源開発会社Orocobre(オロコブレ)と合弁で水酸化リチウム製造の新会社「豊通リチウム」を設立し、福島県楢葉町に同社の工場を建設すると発表した。

<位置図>
位置図

総投資額は90億円を見込んでおり、2019年上半期中の着工を予定し、2021年上半期中の生産開始を目指す。

新工場では、原料の炭酸リチウムをアルゼンチンのリチウム生産拠点Sales de Jujuy(サレス・デ・フフイ:SDJ)から調達し、二次電池の高容量化に必要な水酸化リチウムについて年産能力1万トンを目指す。

販売はグループ会社の豊通マテリアルが全量を請け負い、車載二次電池用だけでなく他工業製品用にも販売していく。

建設には、東日本大震災の復興支援である経済産業省の自立帰還支援雇用創出企業立地補助金を活用。50人以上を新規雇用し、地域経済の活性化や復興の加速化に貢献する。

■豊通リチウムの概要
設立:2018年10月
資本金:10億円
所在地:福島県双葉郡楢葉町
従業員数:50人以上(予定)
生産能力:水酸化リチウム 1万トン/年
生産開始:2021年上半期予定

最新ニュース

物流用語集