アマゾン/京都府京田辺市にAmazon Robotics導入の物流拠点を開業

2019年04月10日 

アマゾンは4月10日、京都府京田辺市で新たな物流拠点「アマゾン京田辺FC(フルフィルメントセンター)」を開業し、10月に稼働させると発表した。

<アマゾン京田辺FCの外観>

<Amazon Robotics>
Amazon Robotics

プロロジスが開発した6階建延床面積16万m2の物流施設のうち、1~4階の9万600m2を使用。商品棚の下に「Drive」と呼ばれるロボットが入り、棚を持ち上げてFC内を移動する「Amazon Robotics」を導入し、書籍、電子機器、玩具などのピッキングから梱包、出荷までを手がける。

導入するAmazon Roboticsは4月に本格稼働したアマゾン茨木FCと同じ最新型で、ロボットを薄型化しつつも、より重量のある棚を持ち上げることができ、棚入れ・棚出し時間の削減とともに、さらに豊富な品揃えの確保が可能となる。

アマゾンジャパンのジェフ ハヤシダ社長は、「日本で2番目の経済圏である近畿エリア内に2拠点目となるAmazon Robotics導入の物流拠点ができることを嬉しく思う。今後も、働きやすい環境づくりのノウハウを生かしながら、安全に配慮した物流拠点を展開していく」とコメントした。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集