日本郵船/イタリア大手電力会社とLNG船の長期定期用船契約を締結

2019年04月10日 

日本郵船は4月10日、イタリアの大手電力会社Edison SPAと新造液化天然ガス(LNG)船1隻の長期定期用船契約を締結したと発表した。

契約期間は延長オプションを含めて最長20年間。

新造船は韓国の現代三湖重工業で2022年に竣工する予定で、主機関にWinGD社製の燃料消費効率に優れた二元燃料低速ディーゼル機関を搭載する。また、優れた防熱性能をもつ容量17万4000m3のメンブレン型のカーゴタンクや、余剰ボイルオフガスを再液化するAir Liquide社製の装置を採用し、効率的で経済的な運航を実現する。

■LNG船の概要
積載容量:17万4000m3
全長:297m
全幅:46.4m
主機関:X-DFエンジン
航海速力:19.5ノット
建造造船所:現代三湖重工業
竣工予定:2022年

最新ニュース