トーハン、日販/雑誌返品処理など3業務で物流協業に合意

2019年04月09日 

トーハンと日本出版販売(日販)は4月9日、雑誌返品処理と書籍返品処理、書籍新刊送品の3業務で、物流を協業すると発表した。

両社は2018年11月7日に物流協業の検討を開始することに基本合意しており、両社間で協業の可能性について検討を行ってきた結果、従来の構造のまま出版流通ネットワークを維持することは不可能であり、大胆な改革が必要と判断し、協業に合意した。

今回の合意を皮切りに、2020年度以降順次、3業務について両社の物流拠点を統廃合し、効率的な出版物流の実現を目指す。

今後は両社メンバーにより、協業実行委員会と3業務それぞれを担当する実行委員会を設け、物流協業の具体化に向けた検討に移行する。

雑誌送品業務については、総コストに占める輸配送運賃の割合が7割と大きく、物流拠点の統廃合や相互活用だけでは協業効果を生み出しにくいため、引き続き両社でサプライチェーン全体の効率化を視野にゼロベースで検討していく。

最新ニュース