ミスミ/インドネシアで新倉庫を稼働、既存倉庫を4倍に拡張

2019年04月09日 

ミスミグループ本社は4月9日、インドネシアで倉庫と営業所を統合した新拠点を竣工し、本格稼働させた。

<外観>

新拠点には、既存の倉庫と営業拠点を移転統合するとともに、倉庫の敷地面積を従来の4倍に拡張した。これにより、2019年度末までに現在の在庫点数の2倍にあたる5万点の商品を在庫化し、2018年からインドネシアで本格展開している製造副資材やMRO(消耗品)を扱うVONA(ヴォーナ)商品の在庫品揃えを積極的に拡大。当日出荷を可能にするなど確実短納期を一層強化し、顧客の調達リードタイムを大幅に削減する。

■インドネシア新拠点の概要
所在地:Jababeka Industrial Estate I, Jl. Jababeka XII Blok W27 Kel. Harja Mekar Kec. Cikarang Utara Kab. Bekasi 17530
敷地面積:6571m2
延床面積:5280m2(倉庫部分3690m2、事務所1590m2)

最新ニュース